中国仏山市女児ひき逃げ事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

中国仏山市女児ひき逃げ事件(ちゅうごくぶつざんしじょじひきにげじけん)とは、2011年10月13日に発生したひき逃げ死亡事件である。

事件の概要[編集]

2011年10月13日の午後、中国広東省仏山市で両親が目を離した隙に路上に出た女児が、ワゴン車に轢かれた。ワゴン車は一旦停止したものの、もう一度轢いて走り去った。この後、18人の通行人が有ったものの、誰もが無視して助けることをしなかった。さらに女児はトラックにも轢かれた後、廃品回収業の女性に助けられ、病院に搬送された。しかし、心肺停止の状態で危篤であり、2011年10月21日0時32分に死去した。

女児の父親が情報提供のために携帯番号を公開したところ、ワゴン車でひき逃げした男から電話があったが驚いたことに、男は反省するどころかせせら笑いながら「女の子が突然飛び出してきて車にぶつかったので自分は悪くない、逮捕される理由がない」と言い放ったという。さらに、死亡事故であれば罰金が1500ドルであるが、生きていればその10倍以上払わなければならないので、女児を殺すつもりでもう一度轢いたという。

この男とトラックの運転者は、過失傷害(後に女児が死亡したので殺人)容疑で中国の警察逮捕された。

この事件はメディアで世界中に報道され、中国社会の倫理観に対して怒りが殺到した[1]

事件の背景には、中国の刑法罰金制度に欠陥があり、社会道徳の欠如が指摘されている。

その後の情報[編集]

一方、そのテレビニューズ映像が加工・編集されていたというニュースが報道されているという発言もある。

特別対談|森 達也と鴻上尚史が語る、現代社会を生き抜くためのメディアリテラシー より引用

森:映像の影響力は大きいです。5年ほど前に、車に轢かれて路上に倒れている幼女の横を多くの通行人が素通りしていくという映像が、ネットで拡散されました。場所は中国の地方都市です。確かテレビのニュースなどでも紹介されたんじゃないかな。当然ながらネトウヨは"中国人の正体を見た"と大喜びしました。

鴻上:ありましたね。

森:でもこの映像は、実はトリックです。この監視カメラの映像を紹介した中国のテレビ局のディレクターが、映像の明度を思いきりあげて明るくしていたことが後にわかったんです。本当は夜なんです。だから、通行人は見て見ぬふりをしているんじゃなくて、暗くて気づかなかったということらしい。

鴻上:何のためにやったんだろう?

森:話題性と視聴率でしょうね。当然ながらディレクターは処罰を受けました。これほど世界的に騒がれるとは、彼も思っていなかったみたいですが。だから、中国の人たちの多くは、この一件がやらせだったと知っている。ところが日本では、実はトリックだったとの情報が流通していない。情報として面白くないと判断されたのかもしれないし、かつて大喜びしたネットユーザーの多くにとっては、あまり喜ばしくない情報だからかもしれない。(後略)

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]