キセノン135

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キセノン135(Xenon-135、135Xe)は、半減期が約9.2時間の不安定なキセノンの同位体であり、ウラン核分裂生成物の1つである。キセノン135は、既知の最も強力な中性子捕獲物質(200万バーン[1])、核毒物であり、原子炉の運転に大きな影響を与える。核分裂での最終的な収率は6.3%であり、ほとんどはテルル135ヨウ素135から生成する。[要出典]

崩壊生成物[編集]

中性子を捕獲しなかったキセノン135は、7つの長寿命核分裂生成物の1つであるセシウム135に崩壊するが、中性子を捕獲したキセノン135は、安定なキセノン136になる。安定運転の原子炉での中性子捕獲の割合は、文献により、90%[2]、39%-91%[3]、実質的に全て、等とされている[4]

中性子を捕獲して生成したキセノン136は、最終的に、核分裂やベータ崩壊で生成する一連の安定なキセノン同位体(キセノン136、キセノン134、キセノン132、キセノン131)の1つになる。

キセノン133、キセノン137、及び中性子を捕獲しなかったキセノン135は、ベータ崩壊して、セシウムの同位体になる。キセノン133、キセノン137、キセノン135は、ほぼ同量生成するが、中性子捕獲後は、セシウム133(さらに中性子捕獲してセシウム134になる)とセシウム137がセシウム135よりも多くなる。

関連項目[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]