ヒオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キオスから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
ヒオス
Χίος
南のスピラティアから見たヒオス市街。後方はオイヌッセス島
南のスピラティアから見たヒオス市街。後方はオイヌッセス島
所在地
ヒオスの位置(ギリシャ内)
ヒオス
ヒオス
座標 北緯38度23分 東経26度7分 / 北緯38.383度 東経26.117度 / 38.383; 26.117座標: 北緯38度23分 東経26度7分 / 北緯38.383度 東経26.117度 / 38.383; 26.117
行政
国: ギリシャ
地方: 北エーゲ
: ヒオス県
ディモス: ヒオス市
人口統計 (2001)
旧自治体
 - 人口: 23,779 人
 - 面積: 22.823 km2
 - 人口密度: 1,042 人/km2
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)
標高 (最低-最高): 0 - 10 m
郵便番号: 821 00
市外局番: 22710
自動車ナンバー: ΧΙ
公式サイト
www.chioscity.gr

ヒオスギリシア語: Χίος、Chios)は、ギリシャヒオス島にある中心的な町。かつてはひとつの市であったが、2011年の地方行政改革で新しいヒオス市に所属する地区となった[1]トルコチェシュメと向かい合う、島の東海岸に位置する。人口は3.2万で、ヒオス島またはヒオス県の行政と商業の中心である。ヒオス島に8つある地区のひとつ。

地元では、島名と区別するためにしばしばホラ(Χώρα、町)やカストロ (Κάστρο) と呼ばれる。

元々は古代の入植地として、自然港の北岸に築かれた。16世紀までに、城壁がめぐらされた市街は続く支配者によってさらに補強され、堅固な中世城塞都市(カストロ)となった。

現在の市街はカストロの外側まで広がっている。1881年の壊滅的な震災の後、波止場の周辺や郊外は近代的になったが、市街のほとんどは新古典主義建築で再建された。人口は比較的安定しているものの、市街は南北に拡大を続けている。しかし、行政機関やいくつかの博物館、大通りのアプロタリア通り、市立庭園が所在する港と城のあいだの中心市街地は依然として過密状態にある。

北のヴロンタドス地区にヒオス島国営空港が、中心部の数km南にカルファスの町がある。

名所[編集]

  • ヒオス考古学博物館
  • ヒオス・ビザンティン博物館
  • ギウスティニアーニ宮殿
  • ヒオス海洋博物館
  • ネア・モニ博物館

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Kallikratis law Greece Ministry of Interior (ギリシア語)

外部リンク[編集]