ガティネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガティネGâtinais)は、フランスの自然区分上の地方で、かつての歴史的な伯爵領の名称。

北をセーヌ川、東をヨンヌ川、南をオルレアンの森、西をエソンヌ川と接する。大まかにいうと、現在のロワレ県北東部とセーヌ=エ=マルヌ県南部に広がる。歴史的な中心地はモンタルジヌムールである。

Gâtinais、Vastinensis pagusはラテン語のvastinum(人もまばらな、というvastusより)に由来する。