ガソジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
British Syphon製のガソジン

ガソジン(gasogene. gazogene, seltzogeneとも)(がそじん)は、ヴィクトリア朝後期のイギリスに存在した、炭酸水をつくるためのソーダサイフォンの一種である。

概要[編集]

接続された上下2つのガラス球からなっている。上には酒石酸炭酸水素ナトリウムの混合物を入れて、二酸化炭素を発生させる。下には水、あるいは炭酸を加えたい飲料を入れる。サイフォンの原理を応用して下から汲み上げた液体に、上の炭酸ガスを注入して炭酸水を生成する。破裂する恐れがあったため通常、籐編みやワイヤーで覆われている。

フィクションでの描写[編集]

アーサー・コナン・ドイルシャーロック・ホームズシリーズでは、ベーカー街221Bの部屋に置かれているとされる。

ろくに口をきかず、しかしやさしい眼つきで、そこの肘掛椅子にかけろと手で示し、葉巻の箱を投げてよこし、部屋の隅のウィスキーやソーダ水のサイフォン("a gasogene")のある場所を指さした[1] — アーサー・コナン・ドイルボヘミアの醜聞

ほかにもマザリンの宝石で登場している。

脚注[編集]

  1. ^ アーサー・コナン・ドイル; 延原謙訳 『シャーロック・ホームズの冒険』、9頁。ISBN 4102134018