カール・フランツ・ヨーゼフ・フォン・プロイセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カール・フランツ・ヨーゼフ・フォン・プロイセン
Karl Franz Joseph von Preußen
Marie Auguste von Anhalt.jpg
母マリー・アウグステと幼児のカール・フランツ・ヨーゼフ
出生 (1916-12-15) 1916年12月15日
ドイツの旗 ドイツ帝国ポツダム
死去 (1975-01-23) 1975年1月23日(58歳没)
 チリアリカ
配偶者 ヘンリエッテ・フォン・シェーナイヒ=カロラート
  ルイーゼ・ドーラ・ハルトマン
  ドナ・エバ・マリア・エレーラ・イ・バルデアベリャノ
子女 一覧参照
父親 ドイツ王子ヨアヒム
母親 マリー・アウグステ・フォン・アンハルト
テンプレートを表示

カール・フランツ・ヨーゼフ・フォン・プロイセン(Karl Franz Joseph von Preußen, 1916年12月15日 - 1975年1月23日)は、プロイセン王国の王族。全名はカール・フランツ・ヨーゼフ・ヴィルヘルム・フリードリヒ・エドゥアルト・パウルKarl Franz Joseph Wilhelm Friedrich Eduard Paul)。プロイセン王子ヨアヒムの一人息子で、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世の孫の一人。

生涯[編集]

カール・フランツ・ヨーゼフは1916年12月15日、ヨアヒムとその妻であったアンハルトエドゥアルトの娘マリー・アウグステ(1898年 - 1983年)の間に生まれ、直前に死去していたオーストリア=ハンガリー皇帝フランツ・ヨーゼフ1世にちなんで洗礼名を与えられた。

ドイツ革命の後、両親が離婚。1920年、父ヨアヒムが自殺すると、父方の叔父アイテル・フリードリヒによって養育されることになったが、1921年に母マリー・アウグステが養育権を主張し、これが認められて母に養育されることになる。

カール・フランツ・ヨーゼフは1975年1月23日アリカチリタラパカ州アリカ県)で死去した。

結婚・子女[編集]

彼は三度結婚している。最初の妻ヘンリエッテは祖父ヴィルヘルム2世の再婚相手ヘルミーネ・ロイス・ツー・グライツの連れ子である。二番目の妻との間に子どもはいない。

  • ヘンリエッテ・フォン・シェーナイヒ=カロラート(Henriette von Schönaich-Carolath, 1918年 - 1972年) 1940年に結婚、1946年9月に離婚した。
  • ルイーゼ・ドーラ・ハルトマン(Luise Dora Hartmann, 1909年 - 1961年) 1946年11月に結婚、1959年離婚。
  • ドナ・エバ・マリア・エレーラ・イ・バルデアベリャノ(Dona Eva Maria Herrera y Valdeavellano, 1922年 - 1987年) 1959年7月に結婚。
    • アレクサンドラ(Alexandra Maria Augusta Juana Consuelo Prinzessin von Preussen, 1960年 - )
    • デジレ(Désirée Anastasia Maria Benedicta Prinzessin von Preussen, 1961年 - )