カ・マテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
テ・ラウパラハ 、ンガーティ・トアの族長、1840年代

カ・マテ (Ka Mate)」は、ニュージーランド北島ンガーティ・トア族の戦争指導者テ・ラウパラハによって作られたマオリハカである。

構成[編集]

テ・ラウパラハは1820年頃、敵のンガーティ・マニアポト族とワイカト連合の追跡から幸運にも逃れたことを生涯の祝いとして「カ・マテ」を作曲した[1][2]。彼はパータカ(pātaka, 食料貯蔵庫)に隠れ、彼に友好的な族長テ・ファレアンギ(Te Whareangi, 「毛むくじゃらの男」)に会うためにそこから戻った。

テ・ラウパラハの作曲したハカは、チャントから始まる: [1] [2]


Kikiki! Kakaka!
Kauana kei waniwania taku tara
kei tarawahia, kei te rua i te kerokero!
He pounga rahui te uira
ka rarapa ketekete kau ana
To peru kairiri mau au e koro e!
Hi! Ha! - Ka wehi au ka matakana,
ko wai te tangata kia rere ure tirohanga
ngā rua rerarera
ngā rua kuri kakanui i raro! Aha ha!

Let your valor rise! Let your valor rage!
We’ll ward off these haunting hands
while protecting our wives and children!
For thee, I defy
the lightning bolts of hell
while my enemies stand there in confusion!
O God – to think I would tremble
to a pack of wolves seeing fear, or running away,
because they would surely fall in the pit of shame
as food for the hounds who chow down in delight! Oh, what in the name…?

次に、ハカの本体に続く。


Ka mate, ka mate! ka ora! ka ora!
Ka mate! ka mate! ka ora! ka ora!
Tēnei te tangata pūhuruhuru
Nāna nei i tiki mai whakawhiti te rā
Ā, upane! ka upane!
Ā, upane, ka upane, whiti te ra!

'Tis death! 'tis death! (or: I may die) ’Tis life! ‘tis life! (or: I may live)
’Tis death! ‘tis death! ’Tis life! ‘tis life!
This is the hairy man
Who summons the sun and makes it shine
A step upward, another step upward!
A step upward, another... the Sun shines!

「カ・マテ」は、一定の動きがない場合に、同調させることなく好きなように声の調子や動きを自由に表現できる、一種のンゲリ(ngeri)型の短くエネルギーがあるハカの一種として考案された[3]

ラグビーにおける使用[編集]

映像外部リンク
"Ka Mate", accompanied by a translation — via YouTube

「カ・マテ」はニュージーランドで最も広く国際的に知られているハカである。なぜなら、この歌はニュージーランドの国際ラグビーユニオンチームであるオールブラックスとニュージーランドの国際ラグビーリーグチームであるキーウィズが、テスト(国際)マッチの直前に振付および同期されたバージョン[3]を伝統的に行ってきたからである。2005年以来、オールブラックスは時折、「カパ・オ・パンゴ」という別のハカを行ってきた。「カパ・オ・パンゴ」の導入以来、オールブラックスの「カ・マテ」の最長連続公演は、2009年8月22日から2010年6月12日までの九回である。

所有権[編集]

1998年から2006年の間、ンガーティ・トアは「カ・マテ」の商標登録を試み、商業団体に許可なく使用されることを防ごうとした[4][5]。2006年、ニュージーランド知的所有権庁は、「カ・マテ」が特定の業者ではなくニュージーランド全体を代表するものとしてニュージーランド内外で広く認識されていたとして、その主張を拒絶した。2011年3月、ニュージーランドラグビー協会は、ハカのマナを不名誉にしないというイウィとの友好的な合意に達した[6]

2009年、ニュージーランド政府は、より広範な苦情処理の一環として、以下のことに同意した。

「...ンガーティ・トアのハカ「カ・マテ」への著作権と重要性を記録し、...ンガーティ・トアと協力して、ハカに関する彼らの懸念に対処し......。[でも]、賠償金がカ・マテの使用料になることも、ンガーティ・トアにカ・マテのパフォーマンスに対する拒否権を与えることも予期していない」。 [7] [8]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Pōmare (2014年2月12日). “Ngāti Toarangatira – Chant composed by Te Rauparaha”. Te Ara – the Encyclopedia of New Zealand. Ministry for Culture & Heritage. 2015年8月31日閲覧。
  2. ^ a b Haka Ka Mate Attribution Act 2014 Guidelines (pdf)”. Ministry of Business, Innovation & Employment. 2016年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月31日閲覧。
  3. ^ a b Jackson, SJ; Hokowhitu, B (2002). “Sport, Tribes, and Technology: The New Zealand All Blacks Haka and the Politics of Identity” (英語). Journal of Sport and Social Issues 26 (2): 125–139. doi:10.1177/0193723502262002. ISSN 0193-7235. 
  4. ^ “All Blacks fight to keep haka”. news.bbc.co.uk. (2000年7月16日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/asia-pacific/793975.stm 2008年5月3日閲覧。 
  5. ^ “Iwi threatens to place trademark on All Black haka”. New Zealand Herald. (2005年5月22日). http://www.nzherald.co.nz/section/1/story.cfm?c_id=1&objectid=10126807 2008年5月3日閲覧。 
  6. ^ “Iwi claim to All Black haka turned down”. New Zealand Herald. (2007年7月2日). http://www.nzherald.co.nz/section/1/story.cfm?c_id=1&objectid=10389347 2008年5月3日閲覧。 
  7. ^ Ngāti Toa Rangatira Letter of Agreement Archived 21 May 2010 at the Wayback Machine.
  8. ^ “New Zealand Maori win haka fight”. BBC News. (2009年2月11日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/asia-pacific/7882775.stm 

外部リンク[編集]