カンムリヒバリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カンムリヒバリ
カンムリヒバリ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
: ヒバリ科 Alaudidae
: カンムリヒバリ属 Galerida
: カンムリヒバリ
G. cristata
学名
Galerida cristata
(Linnaeus, 1758)
和名
カンムリヒバリ
英名
Crested Lark
Galerida cristata

カンムリヒバリ(冠雲雀、学名:Galerida cristata)は、スズメ目ヒバリ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

ポルトガルから中国北東部にかけてのユーラシア大陸温帯アフリカで繁殖する。

生態[編集]

主に植物の種子や昆虫を食べる。

乾いた地面の窪みに植物な葉や茎、根で椀状の巣を作り、内部には細かい草を敷いている。1腹3-6個の卵を産み、抱卵期間は12-13日である。抱卵は雌のみが行う。

Sibley分類体系上の位置[編集]

シブリー・アールキスト鳥類分類
スズメ上科 Passeroidea

参考文献[編集]

  • マイケル・ウォルターズ著、山岸哲監修、『世界「鳥の卵」図鑑』、新樹社、2006年、155頁

関連項目[編集]