カンデー・ラーオ・ホールカル2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カンデー・ラーオ・ホールカル2世
Khande Rao Holkar II
ホールカル家当主
インドール藩王
Khande Rao Holkar II.png
カンデー・ラーオ・ホールカル2世
在位 1843年 - 1844年
戴冠 1843年11月13日
別号 マハーラージャ

出生 1828年
死去 1844年3月17日
マヘーシュワルマヘーシュワル城
王家 ホールカル家
父親 バープージー ・ラーオ・ホールカル
ハリ・ラーオ・ホールカル(養父)
母親 クリシュナ・バーイー・ホールカル(養母)
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

カンデー・ラーオ・ホールカル2世(Khande Rao Holkar II, 1828年 - 1844年3月17日)は、インドホールカル家の当主、インドール藩王国の君主(在位:1843年 - 1844年)。

生涯[編集]

1828年、カンデー・ラーオ・ホールカルはホールカル家一族のバープージー・ラーオ・ホールカルの長男として生まれた[1]

従兄弟で当主であるハリ・ラーオ・ホールカルは不健康のため、イギリスに後継者を養子で取るように迫られており、1841年7月2日にカンデー・ラーオが正式にその養子となり、8月30日にそれが認められた[2]

1843年10月24日、養父ハリ・ラーオ・ホールカルは死亡し、カンデー・ラーオ・ホールカル2世としてその後を継いだ[3]

カンデー・ラーオは義理の祖母であるクリシュナ・バーイー・ホールカルの摂政のもと統治したが、彼は心身ともに虚弱で宰相のラージャ・バーウ・パーンセーの実権にあった。

そして、1844年3月17日、カンデー・ラーオは治世一年にも満たずに死亡した[4]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]