マールターンド・ラーオ・ホールカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マールターンド・ラーオ・ホールカル
Marthand Rao Holkar
ホールカル家当主
インドール藩王
Marthand Rao Holkar.png
マールターンド・ラーオ・ホールカル
在位 1833年 - 1834年
戴冠 1834年1月17日
別号 マハーラージャ
出生 1830年
死去 1849年6月2日
プネー
王家 ホールカル家
父親 バープー・サーヒブ・ホールカル
母親 ガウタマ・バーイー・ホールカル(養母)
宗教 ヒンドゥー教
テンプレートを表示

マールターンド・ラーオ・ホールカル(Marthand Rao Holkar, 1830年 - 1849年6月2日)は、インドホールカル家の当主、インドール藩王国の君主(在位:1833年 - 1834年)。

生涯[編集]

1830年、マールターンド・ラーオはホールカル家一族のバープー・サーヒブ・ホールカルの長男として生まれた[1]

1833年10月、ホールカル家の当主マルハール・ラーオ・ホールカル2世が死亡し、その妃ガウタマ・バーイー・ホールカルの養子となり、新当主および藩王となった[2]

しかし、この養子縁組は人々には受け入れられなかった。というのは、ガウタマ・バーイーや故ヤシュワント・ラーオ・ホールカルの妃クリシュナ・バーイー・ホールカルに権力に集中することを恐れたからだった[3]

こうして、人々はマヘーシュワルに幽閉中だったハリ・ラーオ・ホールカルを擁立し、ガウタマ・バーイーらはこれを認めざるを得ず、1834年2月2日にマールターンド・ラーオは廃位された[4]

その後、マールターンド・ラーオはデカンのプネーへと送られ、1849年6月2日に彼は死亡した[5]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]