カンカン2遺跡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カンカン2遺跡(かんかんにいせき)は、北海道沙流郡平取町二風谷231辺りに所在している縄文時代から擦文時代にかけての遺跡[1]

概要[編集]

縄文土器から、鉄器青銅器まで出土している[1]

火山灰の質が白頭山-苫小牧火山灰の存在より、周溝盛土遺構なる溝が、10世紀から11世紀ごろにかけて掘られたものとみられている[2]。鉄器に関しては、奈良時代に作られたと見られる刀が出土している[2]。青銅製のお椀も出土している[3]

出土品の一部は、沙流川歴史館に展示されている[4]

所在地[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]