カロッタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
枢機卿がかぶる緋色のカロッタ
カロッタを被るデズモンド・ツツ大主教

カロッタ(または、イタリア語:Zucchettoズケットラテン語:Pileolus)は、カトリック教会聖職者が被る円形の帽子アングリカン・コミュニオンルーテル教会でも聖職者が用いる。ローマ教皇は白、枢機卿が緋色、大司教司教及び大修道院長深紅色のものを被る。また司祭も黒色のカロッタを被る事もある。

カロッタを被る習慣は、17-18世紀から見受けられたが、司教がカロッタを被ることが正式に認められるようになったのは、1869年ピウス9世教皇回勅に拠ってである。

また修道会出身の、枢機卿大司教並びに司教も、カロッタを被る事ができる。

関連[編集]