カレハカマキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カレハカマキリ属
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 AArthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カマキリ目 Mantodea
: カマキリ科 Mantodae
亜科 : Deroplatyinae
: Deroplatyini
: カレハカマキリ属 Deroplatys
学名
Deroplatys
Westwood1839

カレハカマキリDeroplatys英語: dead leaf mantis)は、東南アジアの熱帯雨林に見られる、体が枯葉に似たカマキリ11種の総称である。

主な分布域[編集]

東南アジアの熱帯雨林に主に見られる。

カレハカマキリの仲間[編集]

カレハカマキリの仲間は、Deroplatys属[1]に含まれる。次の3種類は、代表的なカレハカマキリの仲間である。

メダマカレハカマキリ
翅の裏に「9」の字のような目玉模様を持つ種類。「ムナビロカレハカマキリ」[2]等と表記する文献もある。
ヒシムネカレハカマキリ
ひし形の胸を持つ事からこの名がついた。幼虫はハラビロカマキリ同様に、腹部を反り返らせる[3]
マルムネカレハカマキリ
黒っぽいものから黄色、茶色までと、幅広い色のバリエーションがある[4]。胸の形状から「コブラヘッドカレハカマキリ」と呼ばれる事もある。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小池啓一 2019.
  2. ^ 養老孟司 (2018)付属DVDにて、「ムナビロカレハカマキリ」として紹介されていた。
  3. ^ ASIN B001D4NPQI, 『世界最強虫王決定戦第三弾 〜肉食昆虫界のラストエンペラーオオエンマハンミョウ見参!』より
  4. ^ 養老孟司 2018.

参考文献[編集]

  • 『昆虫2 地球編』小池啓一(執筆・企画構成)、小学館〈小学館の図鑑NEO 24〉、2019年6月。ISBN 978-4-09-217224-1
  • 『100匹のカレハカマキリ』、富岡真紀
  • 『昆虫』養老孟司(監修)、講談社〈講談社の動く図鑑MOVE〉、2018年6月、新訂版。ISBN 978-4-06-512221-1

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、カレハカマキリに関するカテゴリがあります。