カルタベッロッタの和平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カルタベッロッタの和平(カルタベッロッタのわへい、イタリア語: Pace di Caltabellotta)は、1302年8月31日[1][リンク切れ]に署名された、シチリア晩祷戦争講和条約カルロ2世・ダンジョの代理のシャルル・ド・ヴァロワアラゴンフェデリーコ2世の間で締結された。条約の交渉はシャッカカルタベッロッタで行われ、続いて暫定条約がカルタヴトゥーロで署名された。

条約の内容[編集]

条約は下記のことを定めた。

その後[編集]

和約が成立したことで多くの傭兵が職を失った。ルジェ・ダ・フローの傭兵軍などは東ローマ帝国アンドロニコス2世パレオロゴスに仕えた。

フェデリーコ2世はシチリア島を保持するために島から離れ、1321年に実権を握りつつ子のピエトロ2世に譲位した。アンジュー家は1314年のロベルト1世による遠征など再征服の動きもあったが、失敗した。分裂は固定化し、「灯台のこちらのシチリア王国」(半島側:ナポリ王国のこと)と「灯台のあちらのシチリア王国」(シチリア島側)という呼び名が生まれた。

1442年、アラゴン王アルフォンソ5世がナポリ王レナート1世ヴァロワ=アンジュー家)から王位を奪取したことで、アンジュー家のシチリア(南イタリア)支配は終わった。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • Jesús Mestre (direttore) (1998) (Catalan). Diccionari d'Història de Catalan. Barcelona. ISBN 84-297-3521-6. 
  • Steven Runciman (1958), The Sicilian Vespers. ISBN 0-521-43774-1
  • "Sicilian Vespers" in Encyclopedia Britannica Online.
  • Santi Correnti, Il Vespro
  • Giovanni Battista Niccolini (1882), Vespro Siciliano: storia inedita, per cura di Corrado Gargiolli. Published by D. G. Brigola.
  • Francesco Benigno and Giuseppe Giarrizzo, Storia della Sicilia, vol. 3, ed. Laterza, Roma-Bari, 1999. ISBN 88-421-0535-X
  • Carlos Sanllehy y Girona (1943) (Spanish). el Tratado de Caltabellota. Barcelona. 

関連項目[編集]