カリフォルケーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カリフォルニケーション ある小説家のモテすぎる日常(原題:Californication)は、2007年から2014年まで制作されたアメリカ合衆国ラブコメディテレビドラマ)。全7シーズン・計84回(1回28分)。タイトルの由来は、物語の舞台であるカリフォルニア州California)と、「情事を交わす」という意味のfornicateという単語を組み合わせた造語

主演のデイヴィッド・ドゥカヴニーははこのハンク役で、 第65回ゴールデングローブ賞テレビ部門主演男優賞(コメディ部門)を受賞のほか、数々の賞にノミネートされるなど高い評価を受け、『Xファイル』に次ぐ彼の代表作となった。

2014年4月からスタートする第7シーズンで終了した[1]

あらすじ[編集]

小説家のハンク・ムーディーは、デビュー作こそベストセラーになったものの、その後発表する作品は鳴かず飛ばずで、すっかり小説が書けなくなっている。

別れた恋人カレンにはいまだ未練タラタラで、別居中の娘ベッカも心から愛しているにも関わらず、手当たり次第に女たちに手を出しては酒に溺れるという、すさんだ生活を送っていた。

それでもハンクはベッカの気を引こうと必死になるのだが、様々な騒動を引き起こしてしまう。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “『カリフォルニケーション』来春スタートのシーズン7で打ち切りが決定”. 海外ドラマNAVI. (2013年12月12日). http://dramanavi.net/sp/news/2013/12/7-26.php 
  2. ^ 小杉は『Xファイル』のビデオ版でもドゥカヴニーの吹替を担当した。

外部リンク[編集]