カナンデーグア条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カナンデーグア条約:Treaty of Canandaigua)とは、アメリカ独立戦争後、ジョージ・ワシントン大統領とイロコイ同盟(イロコイ連邦)の間で締結された条約である。

この条約は、1794年11月11日ニューヨーク州カナンデーグア市において、イロコイ同盟(カユガ族モホーク族オナイダ族オノンダガ族セネカ族タスカローラ族)の代表である50人の酋長と戦争指揮官と、ワシントン大統領の正式代理人ティモシー・ピカリングによって締結された。

条約の内容[編集]

この条約は、アメリカ合衆国とイロコイ同盟との間に平和と友情を築くこと、ニューヨーク州においてイロコイ諸族の居住地を認めること、そして、1788年のフェルプスとゴーハムの購入による境界線を認めることをその内容としている。[1]

これは現行のアメリカ合衆国憲法の治下における、史上二番目の外交的協定であった。(史上初は1790年に、クリーク族と結ばれたニューヨーク条約

「ピカリング条約 the Pickering Treaty」[2] とも「更紗条約 the Calico Treaty」 [2] とも呼ばれる同条約は、現在も有効である。ただし、アレゲーニー保留地の 10,000 エーカーに及ぶ土地はダム建設のために法に基づき土地収用され、これによって600人のセネカ族が転居を余儀なくされた。

ニューヨーク州のイロコイ連邦は、現在においても、この条約に基づく報酬として更紗の布を受け取っており[3]、またウィスコンシン州のオナイダ族は同様に、1,800ドルの年金小切手を受けとっている。[2][3]

References[編集]

  1. ^ Treaty of Canandaigua”. Cayuga Nation ("People of the Great Swamp"). 2009年8月17日閲覧。
  2. ^ a b c Houghton, Gillian. The Oneida of Wisconsin. The Rosen Publishing Group. pp. 25–26. ISBN 0-8239-6432-9. http://books.google.co.uk/books?id=lZHwQd07JUUC&pg=PA26&lpg=PA26&dq=%22Oneida+of+Wisconsin%22+%241,800&source=bl&ots=wgL56x-M_c&sig=tziYV7F-_fAv9XAJZe2J7hPW6ok&hl=en&ei=gNiJSvyYDdygjAf2rf2iCw&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=1#v=onepage&q=&f=false 2009年8月17日閲覧。. 
  3. ^ a b “Calico payments to Indians are less this year”. The Evening Independent. (1941年11月8日). http://news.google.com/newspapers?nid=950&dat=19411108&id=NpELAAAAIBAJ&sjid=KFUDAAAAIBAJ&pg=4321,4374654 2009年8月17日閲覧。 

参考文献[編集]

  • Laurence M. Hauptman, Conspiracy of Interests: Iroquois Dispossession and the Rise of New York State (2001).
  • Jemison, G. Peter (ed.), Schein, Anna M. (ed.) and Powless Jr., Irving (ed.). Treaty of Canandaigua 1794: 200 Years of Treaty Relations Between the Iroquois Confederacy and the United States. Clear Light Publishing, 2000. ISBN 1-57416-052-4

外部リンク[編集]