カトリーヌ・ド・フランス (1428-1446)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カトリーヌ・ド・フランス
Catherine de France
Portrait of Catherine of Valois, countess of Charolais.jpg
称号 シャロレー伯爵夫人
出生 1428年
死去 1446年7月30日
ブリュッセル
埋葬 1446年8月
聖ミシェル・エ・ギュデュル大聖堂
配偶者 シャロレー伯シャルル
父親 フランスシャルル7世
母親 マリー・ダンジュー
テンプレートを表示

カトリーヌ・ド・フランスCatherine de France, 1428年 - 1446年7月30日)は、フランス王シャルル7世の娘で、ブルゴーニュ公シャルル(突進公)の最初の妻。夫が公爵家の嗣子だった時に死去したため、シャロレー伯爵夫人の称号を持つにとどまった。

生涯[編集]

シャルル7世と王妃マリー・ダンジューの間の第4子、次女として生まれた。1440年5月19日にサントメールにおいて、ブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)の唯一の嫡出子シャロレー伯シャルルと結婚する。夫婦はフランス王ジャン2世を共通の玄祖父とする遠縁の関係にあった。結婚契約は1438年9月30日にブロワにて署名が行われていた[1]。シャルル7世のフランス王家とブルゴーニュ公爵家は、百年戦争において長く対立関係にあったが、1435年にアラスの和約を結んだ[2]。この縁組は両家の和解のために行われたものだった。しかしカトリーヌは1446年7月にブリュッセルにおいて17歳で早世し[3]、8月に同市内の聖ミシェル・エ・ギュデュル大聖堂に葬られた[4]

脚注[編集]

  1. ^ Jean Dumont: Corps universel diplomatique du droit des gens. Band 3. Janssons à Waesberge, Amsterdam [u. a.] 1739, S. 58.
  2. ^ John Foster Kirk: History of Charles the Bold, Duke of Burgundy. Band 1. Murray, London 1863, S. 111–112 (PDF; 19,5 MB).
  3. ^ Prosper Brugière, baron de Barante: Histoire des ducs de Bourgogne de la maison de Valois, 1364–1477, S. 260–261.
  4. ^ Website der Kathedrale St. Michel et Gudule. Stand: 22. Juni 2008.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]