カスタマイズパーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

カスタマイズパーツ(Customized parts)とは、工業製品に追加あるいは交換して取り付ける部品のことである。カスタムパーツとも呼ばれる。 自動車オートバイの関連用語として用いられることが多い。

自動車[編集]

空力特性を考慮していないエアロパーツホイールカバーなど見栄えを良くする目的で装着されるものや、透明度の低いスモークフィルムなどのようにプライバシー確保の目的で装着するものなどがある。

広義には性能向上を目的とした足回りや動力系の「チューニングパーツ」も含まれる。

バイク[編集]

エンジン自体を交換することもある。[要出典]

自転車[編集]

オートバイ用と比較した場合、汎用品である場合が多い。

パソコン[編集]

新たに付加する拡張カード類をこう呼ぶことがある[要出典]

玩具[編集]

多数の複雑な部品によって構成される製品、例を挙げると遊戯銃ラジコンカーなどで特に用いられる。部品の大半ないしほぼすべてをカスタマイズパーツのみで構成することも可能である。

関連項目[編集]