カジノ・オーストリア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
カジノ・オーストリア
Casinos Austria AG
Casinos Austria.svg
グランド・カジノ・バーデン(バーデン・バイ・ウィーン)
グランド・カジノ・バーデン(バーデン・バイ・ウィーン
種類 有限責任会社
本社所在地  オーストリア
ウィーンラントシュラーセ区英語版
設立 1934年
業種 観光
事業内容 カジノ、娯楽施設の運営
主要株主 Medial Beteiligungs-GmbH 55.24%
オーストリア持分公開有限会社英語版 33.24%
外部リンク www.casinos.at
テンプレートを表示

カジノ・オーストリア英語: Casinos Austria AG)は、オーストリアカジノを運営する国営企業1934年創業のカジノ運営会社としては世界唯一の国営企業である。オーストリア、ドイツなどのヨーロッパパレスチナエジプトなど世界35ヵ国においてカジノや娯楽施設の運営を行なっている[1]

また、子会社カジノ・オーストリア・インターナショナルは、グループの国際的活動を統括する目的で1976年に設立された企業であり、ルツェルンケアンズベオグラードブリュッセルにおいてカジノリゾートを経営している[2]

日本へは、特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律の設立を受けて、長崎県佐世保市ハウステンボス敷地内に統合型リゾートを設置・運営すべくカジノ・オーストリア・インターナショナル・ジャパンを設立し、2021年8月に長崎県により事業者に選定されている。日本法人代表者は、小林幸子の夫で再生医療研究を行うTESホールディングス代表の林明男[3]

脚註[編集]

  1. ^ 玉置泰紀 (2021年10月5日). “九州・長崎IRへのカジノ・オーストリアの提案内容を見る”. 日本型IRビジネスレポート. 2021年10月5日閲覧。
  2. ^ 長崎IRの第二次審査対象は残る3グループ オシドリ、カジノ・オーストリア、NIKIの戦略は?”. 日本型IRビジネスレポート (2021年5月19日). 2021年10月5日閲覧。
  3. ^ 「長崎IR」内定のオーストリア国営カジノは「疑獄事件」の渦中 日本法人代表は「小林幸子の夫」”. デイリー新潮 (2021年9月6日). 2021年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]