カザルス三重奏団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

カザルス三重奏団は、アルフレッド・コルトーピアノ)、ジャック・ティボーヴァイオリン)、パブロ・カザルスチェロ)によって結成された、20世紀前半を代表するピアノ三重奏団(ピアノ・トリオ)。カザルス・トリオCasals trio)。

コルトーの多彩で詩的なピアノ、ティボーの繊細で高雅なヴァイオリン、カザルスの精神的で雄弁なチェロと、3人の個性はそれぞれであったが、これらが渾然一体となった演奏は、音楽史上のひとつの奇跡ともいわれる。

結成は1905年第二次世界大戦直前まで約30年間にわたり、演奏活動がつづけられた。例えば、ブラームス二重協奏曲では、ティボーとカザルスがソリスト、コルトーが指揮をするなど、ピアノ三重奏団の枠を超えた結びつきがあった。最終的には、コルトーがナチス・ドイツに協力的であったことから、これに反発したカザルスが袂を分かったといわれる。カザルスが抜けた後、ピエール・フルニエが加わった。

EMIレーベルにハイドンベートーヴェンシューベルトメンデルスゾーンシューマンらのピアノ三重奏曲SP録音を残しており、こんにちでもこれらの曲の名盤として非常に高い評価を保っている。