カグラライ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カグラライ島
Ph locator albay bacacay.png
島の大部分が属するバカカイの地図
地理
座標 北緯13度18分 東経123度52分 / 北緯13.300度 東経123.867度 / 13.300; 123.867座標: 北緯13度18分 東経123度52分 / 北緯13.300度 東経123.867度 / 13.300; 123.867
行政
アルバイ州
テンプレートを表示

カグラライ島(英語: Cagraray)はフィリピンルソン島周辺の島。

ラゴノイ湾アルバイ湾の間に浮かぶ島の一つでサンミゲル島 (フィリピン)バタン島ラプラプ島などと共に一列に連なっており、この島はサン・ミゲル島とバタン島の間に存在する。ルソン島と架橋されている。

アルバイ州に属しており、島の北西部の2地区マリリポット英語版に、それ以外の大部分がバカカイ英語版に属している。

南東部はリゾート開発が進んでおり、以前はミシビス・ベイ・レインツリー、ディスカバリー・ベイ・ミシビスなどとして世界的にも良く知られた知られたミシビス・ベイ・リゾート&カジノ(Misibis Bay Resort & Casino)と言うホテルが存在している。