ラゴノイ湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サン・ホセ英語版から見たラゴノイ湾、背景にマヨン山が見える。

ラゴノイ湾英語: Lagonoy Gulf)はフィリピンルソン島南東部、南カマリネス州カタンドゥアネス州アルバイ州などに囲まれた水域。北のフィリピン海とはカラモアン半島カタンドゥアネス島に区切られており、南のアルバイ湾とはカグラライ島バタン島ラプラプ島などによって隔てられている。東部が太平洋に開いており、フィリピン海とはマケダ海峡を通じてつながっている。湾の奥にはイサログ山英語版イリガ山英語版などが存在する。

面積はおおよそ3070km2であり、これらの地域の80%程度は水深800mから1200m程度である[1]

湾内には480種類の魚類が生息しており、2004年の年間漁獲高はおおよそ2万トンほどであったとされ、フィリピンの主要な漁場となっている。珊瑚礁、海草・海藻類、マングローブなどが湾内に広く分布しており、これらは湾内の海生生物にとっての重要な生息環境になっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b Victor S. Soliman, Antonino B. Mendoza Jr., Kosaku Yamaoka (2008年). “Seaweed-associated Fishes of Lagonoy Gulf in Bicol, the Philippines”. Kuroshio Science. Kochi University. 2013年1月22日閲覧。

座標: 北緯13度35分 東経123度45分 / 北緯13.583度 東経123.750度 / 13.583; 123.750