カインド (型理論)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

数理論理学計算機科学型理論として知られる分野において、カインド型コンストラクタの型、もしくはより一般的ではないが高階型演算子の型である。カインドシステムは本質的には、基本型というで表記され「型」と呼ばれる型を持っている「一階上の」単純型付きラムダ計算で、基本型とは型パラメータを必要としない任意のデータ型のカインドである。

カインドは「(データ)型の型」という紛らわしい説明がされることもある[誰によって?]が、実際にはアリティ指定子である。文法的には、多相型を型コンストラクタと見なすのが自然で、従って多相でない型は零項の型コンストラクタと見なせる。しかし全ての零項の型コンストラクタ、従って全ての単相的な型は、同一の最も単純なカインドすなわちを持つ。

高階型演算子はプログラミング言語にはほとんどないので、ほとんどのプログラミング言語では実際には、カインドはデータ型とパラメータ多相を実装するのに使われるコンストラクタの型を区別するために使われる。HaskellScalaのような、プログラム的にアクセス可能な方法でパラメータ多相の情報を提供する型システムを持つ言語において、明示的もしくは暗黙的にカインドは現れる。[1]

[編集]

  • 「型」と発音されるは全てのデータ型のカインドで、零項の型コンストラクタと見ることができ、この文脈において真の型とも呼ばれる。これは通常関数型言語の関数の型を含む。
  • 単項型コンストラクタのカインドであり、例えばリスト型のコンストラクタのカインドである。
  • は(カリー化により)二項の型コンストラクタのカインドであり、例えばペア型のコンストラクタや関数の型のコンストラクタのカインドである。(混乱しないように注意しておくと、その適用の結果自身は関数の型であり、従ってカインドの型である)
  • は、単項の型コンストラクタから真の型へ変換する高階型演算子のカインドである。応用についてはPierce (2002) 32章[要出典]を参照のこと。

Haskell のカインド[編集]

(注記: Haskellのドキュメントでは関数の型とカインドの両方で同じ矢印を使っている。)

Haskellのカインドシステム[2]には2つの規則だけがある。

  • 「型」と発音されるは全てのデータ型のカインドである。
  • 単項型コンストラクタで、カインドの型を取りカインドの型を生成する。

具体型(Haskellでの真の型の呼び名)は値が存在する型である。例えば、状況を複雑にする型クラスは無視して、4Int型の値であり、その一方[1, 2, 3][Int]型(Intのリスト)の値である。従って、Int[Int]はカインドを持つが、任意の関数の型、例えばInt -> BoolInt -> Int -> Boolでさえ、同じカインドを持つ。

型コンストラクタは1つ以上の型引数を取り、十分な引数が与えられたときデータ型を生成する。すなわち、型コンストラクタはカリー化により部分適用をサポートしする。[3][4]これがHaskellが多相型を獲得した方式である。例えば、型[](リスト)は型コンストラクタで、リストの要素の型を指定するために1つの引数を取ります。従って、[Int](Intのリスト)や[Float](Floatのリスト)や[[Int]](Intのリストのリスト)でさえ、型コンストラクタ[]の妥当な適用である。それゆえに、[]カインドの型である。Intというカインドを持つため、これを[]に適用するとカインドの[Int]になる。2-tupleのコンストラクタ(,)はカインドを持ち、3-tupleのコンストラクタ(,,)はカインド(以下同様) を持つ。

カインド推論[編集]

標準のHaskellでは多相カインドは使えない。これはHaskellでサポートされている、型におけるパラメータ多相とは対称的である。例えば、次の例:

data Tree z  = Leaf | Fork (Tree z) (Tree z)

では、zのカインドはだけでなくなど何でも構わない。Haskellはデフォルトでは、型が他のもの(以下を参照のこと)を明示的に指定しない限り、常にカインドをと推論する。従って型チェッカは次のようなTreeの使い方を受け付けない:

type FunnyTree = Tree []     -- invalid

というのは、[]のカインドのは、常にとなるzの期待されるカインドと適合しない。

しかし高階型演算子は使えます。例えば:

data App unt z = Z (unt z)

はカインドを持つ。つまりuntは単項のデータコンストラクタだと期待され、それを適用する引数は型でなければならず、そして型を返す。

GHCにはPolyKinds拡張があり、KindSignaturesと一緒に使うことで多相カインドが使えるようになる。例えば:

data Tree (z :: k) = Leaf | Fork (Tree z) (Tree z)
type FunnyTree = Tree []     -- OK

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Generics of a Higher Kind
  2. ^ Kinds - The Haskell 98 Report
  3. ^ Chapter 4 Declarations and Binding”. Haskell 2010 Language Report. 2012年7月23日閲覧。
  4. ^ Miran, Lipovača. “Learn You a Haskell for Great Good!”. Making Our Own Types and Typeclasses. 2012年7月23日閲覧。