オーボエ四重奏曲 (モーツァルト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

オーボエ四重奏曲 ヘ長調 K.370 (368b) は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトによって作曲された、独奏オーボエと弦楽のための四重奏曲である。モーツァルトの管楽器を伴う室内楽曲の一つとして親しまれており、また、古今のオーボエと弦楽のための室内楽曲の、代表的な曲の一つでもある。

概要[編集]

モーツァルトはオペラ「イドメネオ」の上演のため、1780年11月から1781年3月までミュンヘンに滞在した。その間に、当代きってのオーボエ奏者フリードリヒ・ラム(1744年 - 1811年)のために書かれたのがこの四重奏曲である。

ラムとモーツァルトは1777年、モーツァルトがマンハイムに滞在していた頃からの友人であり、1778年2月にはモーツァルトは、ラムの演奏するオーボエ協奏曲ハ長調 K.314 (285d)(1777年、ジュゼッペ・フェルレンディスのために作曲)を聴いて感心したという書簡を、父親のレオポルト・モーツァルトに送っている。当時ラムはマンハイム宮廷楽団の奏者をしていたが、そのあと、領主カール・テオドール選帝侯に従ってミュンヘンに移ってきていたため、ミュンヘンを訪れたモーツァルトとラムは旧交を温めることになったのである。

構成[編集]

  • 第1楽章 アレグロ、ヘ長調、4分の4拍子
    晴れやかな主題によるソナタ形式
  • 第2楽章 アダージョ、ニ短調、4分の3拍子。
    細やかな表情に富んだ哀切な緩徐楽章である。わずか37小節の曲である。
  • 第3楽章 ロンド;アレグロ、ヘ長調、8分の6拍子
    躍動感を持った協奏曲的ロンドであり、オーボエの技巧が華やかに展開される。

演奏[編集]

Oboe Quartet in F major, K. 370


Performed by Laila Storch (oboe) with the Philadelphia Quartet

これらの音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

外部リンク[編集]