オンデマンドコマース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オンデマンドコマース(On Demand commerce)とは、顧客からの発注をもって商品の仕入や製造をおこなうコマース形態である。

通常のコマースでは「需要予測仕入製造在庫管理」等のプロセスがあるが、オンデマンドコマースではお客様からの「発注―製造―出荷」が基本となる。 よって、多くの受発注プロセスや在庫リスクを回避することが可能で、通常のコマース形態に比べて人件費、在庫管理費等を削減できるメリットがある。小ロット、1点のパーソナルな商品もオンデマンドコマースでは扱われており、新しい需要を創出している。

一方で、一度の製造が小ロットとなる場合には、数量効果が出ず、高コストとなる場合がある。

印刷物については1990年代からオンデマンド印刷が普及しており、近年ではアパレルや各種グッズへの展開がスタートしている。

現在は、WEBを活用することで各プロセスを短縮し、小ロットによる高コストというデメリットを払拭するサービスも出てきており、注目を集めている。