オリンパス・ペンF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンパス > オリンパス・ペンF
ペンFT

ペンFは、オリンパス1963年に発売した世界初のハーフ判レンズ交換式一眼レフカメラである。本項目では、その後シリーズ化された後継機種についても記述する。

開発の経緯と特徴[編集]

1961年ごろからハーフサイズカメラオリンパス・ペンの成功を受けて、オリンパス社内ではかつて例のないハーフ判の一眼レフができないかという期待が高まってきた。その少し前から構想を練っていたペン・シリーズの設計者・米谷美久は、ハーフ判の画面が縦長になることからフランジバックを短くできるように、通常は上にはねあげるミラーを横に開閉する形式の設計を考え、それに合わせてペンタプリズムを使わずポロプリズムで画像を導くファインダーを導入する着想を得た。

チタンを利用したロータリー式のフォーカルプレーンシャッターを開発するなどして、ペンFは1963年5月に発売にこぎつけた。このシャッターは最高速度1/500秒まで画面が全開して露光するため、通常FP級フラッシュバルブを用いなければならないような日中の撮影でも、全シャッター速度でエレクトロニックフラッシュが同調するという特徴がある[1]。またファインダー倍率を高めるために接眼用のルーペレンズを眼から離す必要が生じるため、ファインダー像が全部で4回反射するうちの第3反射面をミラーとして、第4反射面の間にルーペを置くという設計を行なった[2]ペンFTではこの第3反射面をハーフミラーとして、その背後にTTL露出計を置くこととした[3]。これらの機能的な必然性によって、通常の一眼レフカメラなら頂部に配置されるペンタプリズムの突出がなく、しかもレンズがカメラ中央から右手側にオフセットした、ユニークなデザインが実現されるに至った。

ペンF
  • ペンF(1963年5月発売) - 世界初のハーフ判一眼レフカメラ。後のFTではセルフタイマーレバーがつけられる場所に花文字のFが刻まれている。二回巻き上げ。フォーカシングスクリーンは全面マット。アクセサリーシューは標準では取り付けられておらず、ファインダーアイピース基部に上から差込むアクセサリーとして別売された。このアクセサリーシューはいわゆるホットシューと異なり接点を有しておらず、そのため別途ボディ側面上部にシンクロコードを接続するためのコネクタが設けられている。内蔵露出計を有しないペンF及びペンFVでは、シャッター速度ダイヤルの基部に、オプションのCdS式露出計を取付けるためのバヨネットが設けられている。
  • ペンFT(1966年発売) - CdSによるTTL露出計とセルフタイマー内蔵。露出計はフィルム感度・シャッター速度・測光値に基づきファインダー内に表示されたTTLナンバーという数字を、レンズに刻まれた数字(個々のレンズごとに絞り値と一定の法則で対応している)と手動で合わせるという形式で、開放測光を実現するとともに、レンズごとに違う、開放時と絞り込み時の特性の補正なども行なった[4]。フィルム感度の設定はシャッター速度調節ダイヤルを手前に引きながら回転させて行う。一回巻き上げに改良されている。また、焦点調節の便を図るため全面マットのフォーカシングスクリーンの中心部にマイクロプリズムが設けられた。また、シンクロコード接続用コネクタの基部にシンクロのタイミングをX接点とM接点に切替えるスイッチが設けられている(他の機種はX接点のみでありスイッチは無い)。
  • ペンFV - ペンFTからTTL露出計を省略したモデル。なお、胃カメラ・顕微鏡撮影用にFVをベースにフォーカシングスクリーンを透過式とし、セルフタイマーを省略したモデル(medical use)も発売されている。

ペンFシステムの交換レンズ[編集]

レンズは専用マウント。

種類 レンズ名 焦点距離F値 35mm判換算焦点距離 画角 群-枚 TTLNo. FNo. 最短撮影距離 フィルター径 重量
広角 GズイコーAUTO W 20mm F3.5 28mm 73° 6-7 0-4 3.5-16 0.2m 43mm 145g
EズイコーAUTO W 25mm F4 35mm 62° 5-5 0-4 4-16 0.25m 43mm 120g
GズイコーAUTO W 25mm F2.8 35mm 62° 5-7 0-5 2.8-16 0.25m 43mm 160g
標準 FズイコーAUTO S 38mm F1.8 55mm 43° 5-6 0-6 1.8-16 0.35m 43mm 135g
GズイコーAUTO S 40mm F1.4 58mm 41° 6-7 0-6 1.4-16 0.35m 43mm 165g
HズイコーAUTO S 42mm F1.2 60mm 39° 6-8 0-6 1.2-16 0.35m 49mm 255g
望遠 GズイコーAUTO T 60mm F1.5 85mm 28° 5-7 0-6 1.5-16 0.8m 49mm 270g
FズイコーAUTO T 70mm F2 100mm 24° 5-6 0.5-7 2-22 0.8m 43mm 230g
EズイコーAUTO T 100mm F3.5 140mm 17° 4-5 1-6 3.5-22 1.5m 43mm 250g
EズイコーAUTO T
150mm F4 210mm 12° 4-5 1-5 4-22 1.7m 49mm 380g
超望遠 EズイコーT 250mm F5 360mm 3-5 1-6 5-32 3.5m 58mm 800g
EズイコーT 400mm F6.3 570mm 4-5 1-5 6.3-32 5m 72mm 1750g
ズイコーミラーT 800mm F8 1150mm 4-5 - 8 16m 25.5mm 2400g
ズーム ズイコーAUTOズーム 50-90mm F3.5 70-130mm 34-19° 8-10 0.5-4 3.5-16 1.5m 49mm 420g
ズイコーズーム 100-200mm F5 140-280mm 17-9° 9-12 1-6 5-32 1.7m 49mm 700g
その他 EズイコーAUTO S 38mm F2.8 55mm 43° 4-5 0-5 2.8-16 0.8m 43mm 70g
DズイコーAUTO S 38mm F2.8 55mm 43° 3-4 0-5 2.8-16 0.35m 43mm 125g[5]
EズイコーAUTOマクロ 38mm F3.5 55mm 43° 4-5 0-4 3.5-16 0.156m 43mm 200g

出典-[6]

ペンFシステムのアクセサリ[編集]

  • マウントアダプター - フランジバックが短いため、アダプターを介して装着すれば、手動絞りにはなるが各社のレンズを撮影可能である。キヤノンFDマウント、エクサクタマウント、M42マウント、ミノルタMDマウント、ニコンFマウント用などが用意された。[7]

脚注[編集]

  1. ^ 米谷2002、176頁。
  2. ^ 米谷2002、136頁。
  3. ^ 米谷2002、181-4頁。
  4. ^ ペンF時代の初期のレンズにはTTLナンバーがないものもある
  5. ^ 本項のみ『往年のオリンパスカメラ図鑑』、エイ出版社、178頁による。
  6. ^ 飯田1999、80頁。
  7. ^ 『クラシックカメラ専科No.9、35mm一眼レフカメラ』p.69。

参考文献[編集]

  • 米谷美久 『「オリンパス・ペン」の挑戦』 朝日ソノラマ、2002年。
  • 『往年のオリンパス カメラ図鑑』 エイ出版社、2003年。
  • 飯田鉄『使うハーフサイズカメラ』双葉社、1999年。
  • 『クラシックカメラ専科No.9、35mm一眼レフカメラ』朝日ソノラマ

関連項目[編集]

  • オリンパス E-300 - ポロミラー式ファインダーを採用したデジタル一眼レフカメラ。
  • オリンパス・ペン#デジタルカメラ・シリーズ - ペンFのデザインを継承したミラーレス一眼カメラのシリーズ。
  • トパーズ (1969年の映画) - スパイ活動のためのカメラとしてオリンパスペンFが登場する。軍事施設の撮影に望遠レンズが用いられ、運搬や受渡しには小型であることを活かしてピクニックの料理の中やガードレールのパイプの中にカメラやレンズが隠される、といった使われ方がされている。

外部リンク[編集]