オランダ語訳聖書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オランダ語訳聖書 (オランダごやくせいしょ、英語: Bible translations into Dutch)はキリスト教聖書オランダ語への翻訳を扱う。

概要[編集]

ヘブライ語およびギリシア語の資料から直接オランダ語へ翻訳された最初のものは『国訳聖書』(Statenvertaling)である。1618年から1619年ドルトレヒト会議においてオランダ議会から命ぜられ、1637年に初版が発行された。すぐにこれはオランダの改革派教会に総じて受け入れられた翻訳となり、20世紀に至るまでその地位は続いた。1951年のオランダ聖書協会(NBG)の翻訳によってかなりの程度取って代わられたものの、この翻訳においても依然として古風な言語が用いられている。

現代語訳としては『グッドニューズバイブル』オランダ語版( Groot Nieuws Bijbel)、国際聖書協会の Het Boek、ローマ・カトリックのWillibrordvertalingなどがある。2004年に、共同訳としてNieuwe Bijbelvertaling(NBV)[1])が出て聖職者と一般家庭用を目指したものの、不正確な訳であると批判されている。

同時期には、たとえば2004年のNaarden translationや、1991年から続いているAlbert Kosterの旧約聖書や、Societas Hebraica Amstelodamensisのモーセ五書の翻訳など、文学的な個人訳が多く出版されている。

比較[編集]

Translation Genesis 1:1–3 John (Johannes) 3:16
Statenvertaling (SV) (1637) In den beginne schiep God den hemel en de aarde. De aarde nu was woest en ledig, en duisternis was op den afgrond; en de Geest Gods zweefde op de wateren. En God zeide: Daar zij licht: en daar werd licht. Want alzo lief heeft God de wereld gehad, dat Hij Zijn eniggeboren Zoon gegeven heeft, opdateen iegelijk die in Hem gelooft, niet verderve, maar het eeuwige leven hebbe.
Groot Nieuws Bijbel (GNB) (1983–1996) In het begin schiep God de hemel en de aarde. De aarde was onherbergzaam en verlaten. Een watervloed bedekte haar en er heerste diepe duisternis. De wind van God joeg over het water. Toen zei God: ‘Er moet licht zijn!’ En er was licht. Want God had de wereld zo lief dat hij zijn enige Zoon gegeven heeft, opdat iedereen die in hem gelooft, niet verloren gaat maar eeuwig leven heeft.

日本語訳(新共同訳聖書

創世記」1章1-3節):初めに、神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
ヨハネによる福音書」3章16節)::神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。

脚注[編集]

参照項目[編集]

外部リンク[編集]