オズヴァルド・ヴィルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オズヴァルド・ヴィルト

ジョゼフ・ポール・オズヴァルド・ヴィルト(Joseph Paul Oswald Wirth、1860年ベルン州ブリエンツ - 1943年)は、スイスオカルティスト美術家作家。彼はスタニスラス・ド・ガイタ英語版から秘教と象徴主義を学び、1889年にド・ガイタの指導の下で、22の大アルカナからなるタロットカードを制作した。「アルカネス・デュ・タロット・カバリスティク」として知られ、デザインはマルセイユ版タロットに準拠したが、オカルトシンボルを加える変更をいくつか行った[1]。ヴィルトとド・ガイタによるデッキは、オカルトタロットの歴史において重要と見なされている。

彼はフリーメイソン占星術にも興味を抱いていた。彼はフリーメイソンについてフランス語で多くの本を執筆した。

参考文献[編集]

  1. ^ Michael Dummett. The Game of Tarot. London: Duckworth, 1980. ISBN 0715631225

外部リンク[編集]