オスターラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1260年以降のランツベルク辺境伯領(オスターラント)

オスターラント(Osterland)とは、今日のテューリンゲン州ザクセン州およびザクセン=アンハルト州にあたる地域の歴史的地名である。険しい西エルツ山地の北側の山からザクセン=アンハルト南東のなだらかな平原へと続く地域である。過去の火山活動の痕跡が見られる。

歴史[編集]

後にオスターラントといわれるこの地域の歴史は、937年オストマルクの成立が始まりである。オストマルクは965年に5つの辺境伯領に分裂したが、そのうちのラウジッツ辺境伯領、メルゼブルク辺境伯領、ツァイツ辺境伯領がオスターラントを形成した。相続を通して、この地域には13世紀にはランツベルク辺境伯英語版領が形成された。

14世紀には開拓と農業が広まり、森林が開墾された。

近代[編集]

ドイツ民主共和国の終焉後、歴史的地域と名称の使用が見直された。1990年代初めより、ライプツィヒ民衆新聞(Leipziger Volkszeitung)はアルテンブルガー・ラント郡においてはオスターラント民衆新聞(Osterländer Volkszeitung (OVZ))の名で販売され、ゲーラにはオスターラント体育館ができるなど、オスターラントの名称はさまざまなところに使用されるようになっている。

地理的位置[編集]

オスターラントの西の境界は常にザーレ川であったが、その他の境界については何度も変化した。北側はライプツィヒおよびアイレンブルクまで、南側はアイゼンブルクおよびボルナまで、南側はトルガウまで至り、後にムルデ川を境界とみなすようになった。14世紀には、この地域はプライセンラントアルテンブルクシュメルンメラーネポニッツおよびツヴィッカウ)、ゲーラおよびシェーンブルクに至った。

参考文献[編集]

  • Heimatverein des Bornaer Landes (Hg.) Wiprecht. Beiträge zur Geschichte des Osterlandes im Hochmittelalter. Sax-Verlag, Beucha 1998, ISBN 978-3930076635
  • Herbert Helbig Osterland. In: Walter Schlesinger: Sachsen. Handbuch der historischen Stätten Deutschlands. Band 8. Stuttgart 1965. S. 268f.
  • Hans Joachim Kessler Das thüringische Osterland: Land zwischen Saale und Pleiße - Bilder einer Thüringer Region, Verlagshaus Thüringen, Erfurt 1996, ISBN 3-89683-102-X