オスカー・スバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1912年のストックホルムオリンピックに出場するスバーン。
オリンピック
男子射撃競技
1908 ロンドンオリンピック 男子鹿追いシングルショット
1908 ロンドンオリンピック 男子鹿追いシングルショット団体
1912 ストックホルムオリンピック 100m男子鹿追いシングルショット団体
1920 アントワープオリンピック 100m男子鹿追いダブルショット団体
1908 ロンドンオリンピック 男子鹿追いダブルショット
1912 ストックホルムオリンピック 100m男子鹿追いダブルショット

オスカー・スバーン(Oscar Gomer Swahn、1847年10月20日-1927年5月1日)は、スウェーデン射撃競技選手。3度のオリンピックに出場し、複数のメダルを獲得した。

1908年のロンドンオリンピックでスバーンは鹿追いシングルショットで2つの金メダル(個人、団体)を獲得し、鹿追いダブルショット個人で銅メダルを獲得した。この時60歳で、当時の最年長金メダリストであったジョシュア・ミルナーよりも1歳若いだけだった。

祖国で行われた1912年のストックホルムオリンピックでは、鹿追いシングルショット団体で再び金メダルを獲得した。鹿追いダブルショット個人でも再び銅メダルを獲得したが、鹿追いシングルショット個人では5位に留まり、息子のアルフレッド・スバーンに優勝を譲った。スバーンはこの時64歳で、今日でも破られていない最年長の金メダル獲得記録を更新した。

1920年のアントワープオリンピックには出場者中最年長の72歳で出場した。これは、オリンピックに出場した最年長記録となった。鹿追いシングルショット団体では4位に入り、鹿追いダブルショット団体では銀メダルを獲得して現在でも最年長のオリンピックメダリストとなった(芸術競技を除く)。

1924年のパリオリンピックには病気のため出場することができなかった。

1908年、1912年、1920年の3度のオリンピックでスバーンが出場したすべての団体競技において、息子のアルフレッドも同じチームに所属していた。アルフレッドは、個人種目では銅メダル1つ、銀メダル1つ、金メダル2つを獲得した。

外部リンク[編集]