エンブラエル EMB 121

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エンブラエル EMB 121(Embraer EMB 121 Xingu)とは、ブラジルのエンブラエルが製造している双発ターボプロップ旅客機である。基本設計はEMB 120であるが、胴体とエンジンは新たに設計されたものである。また軍用輸送機として運用されている機体が多い。

概要[編集]

EMB 121が初飛行したのは1976年10月10日であり、1977年5月20日に軍民で運航が開始された。改良型であるEMB 121AⅢが初飛行したのは1981年9月4日であり、この機体はエンジンが強化され、乗客数と燃料積載量が増やされていた。

生産が終了したのは1987年8月であり、総生産数は106機であった。そのうち51機がブラジル国外に輸出されたが、そのうち43機がフランス空軍で運用され、最大のオペレーターであった。

派生型[編集]

  • VU-9 : ブラジル空軍制式採用型
  • EMB 121A Xingu I : Pratt & Whitney Canada PT6A-28エンジンを搭載
  • EMB 121A1 Xingu II : Pratt & Whitney Canada PT6A-135エンジンを搭載
  • EMB 121V Xingu III : Pratt & Whitney Canada PT6A-42エンジンを搭載

Military Operators[編集]

ブラジルの旗 ブラジル
  • Brazilian Air Force
フランスの旗 フランス
  • Armee de l'Air
  • Aviation Navale

性能一覧(Xingu II)[編集]

  • 乗員:Two
  • 乗客:8~9
  • 全長:12.3 m
  • 全幅:14.1 m
  • 高さ:4.8 m
  • 機体重量: 3,620 kg
  • 最大離陸重量: 5,670 kg
  • 最大速度:465km/h
  • 航続距離:2,278km
  • 最大上昇限界高度:8,535m(28,000フィート)
  • エンジン:Pratt & Whitney Canada PT6A-135双発
  • 推進力:560kW(750shp)

参考[編集]