エレオノーレ・ツー・ゾルムス=ホーエンゾルムス=リッヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘッセン大公妃エレオノーレ

エレオノーレ・エルネスティーネ・マリー・ツー・ゾルムス=ホーエンゾルムス=リッヒドイツ語: Eleonore Ernestine Marie zu Solms-Hohensolms-Lich, 1871年9月17日 - 1937年11月6日)は、最後のヘッセン大公エルンスト・ルートヴィヒの2番目の妃。

エレオノーレはゾルムス=ホーエンゾルムス=リッヒ侯ヘルマンとその妻でシュトルベルク=ヴェルニゲローデ伯爵家出身のアグネスの間の次女として生まれた。1905年2月2日、ヘッセン大公エルンスト・ルートヴィヒと結婚した。エルンスト・ルートヴィヒは1901年にイギリス王女・ザクセン=コーブルク=ゴータ公女ヴィクトリア・メリタと離婚しており、エレオノーレとの結婚は再婚だった。二人の結婚を記念して、ダルムシュタットの市民たちは建築家ヨゼフ・マリア・オルブリッヒの設計になる結婚記念塔(Hochzeitsturm)を建て、大公夫妻への贈り物とした。

第1次世界大戦中、エレオノーレは前線に出征して不在の夫に代わり国務を遂行し、また病院列車に同乗してしばしば前線を視察した。ヴォルムスにあるエレオノーレ高等学校(Eleonoren-Gymnasium Worms)は1906年10月の落成式にエレオノーレが出席したことを記念し、大公妃の名前を校名としている。1918年11月のドイツ革命の結果、ドイツの君主制は廃止され、エレオノーレもヘッセン大公妃の地位を失った。

1937年10月6日に夫エルンスト・ルートヴィヒを亡くして間もなく、エレオノーレは長男のゲオルク・ドナトゥス、その妻セシリアおよび二人の孫ルートヴィヒ、アレクサンダーとともに悲劇的な形でその後を追うことになった。1937年11月16日、元ヘッセン大公一家はエレオノーレの次男ルートヴィヒの結婚式に出席するためロンドンに向かっていたが、一家の乗った飛行機はベルギーオーステンデ郊外のステーンに墜落し、乗客乗員は全員死亡したのである。一家5人の遺骸は一週間後の11月23日、ダルムシュタットのローゼンヘーエ公園(Park Rosenhöhe)の、エルンスト・ルートヴィヒ大公の墓の隣に埋葬された。

子女[編集]

夫エルンスト・ルートヴィヒとの間に2人の息子をもうけた。