エルトゥールル・オスマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エルトゥールル・オスマン
ارطغرل عثمان
オスマン家
出生 (1912-08-12) 1912年8月12日
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国イスタンブールユルドゥズ宮殿
死去 (2009-09-23) 2009年9月23日(97歳没)
トルコの旗 トルコイスタンブール
配偶者 ガルダ・トゥワースコイ
  ゼイネップ・タルズィー
父親 メフメト・ブルハネッティン
母親 アリエ・メレク・ナズリャル・ハヌム・エフェンディ
テンプレートを表示

エルトゥールル・オスマンオスマントルコ語: ارطغرل عثمان‎、Ertuğrul Osman (Osmanoğlu)、1912年8月12日 - 2009年9月23日)は、オスマン帝国の帝家であったオスマン家の第43代家長。オスマン帝国皇族として生まれた最後の家長である。

生涯[編集]

帝国末期の1912年、イスタンブールユルドゥズ宮殿で、アブデュルハミト2世の第8子メフメト・ブルハネッティン皇子の末子として生まれた。オーストリアウィーンに留学して教育を受けたが、1924年トルコ共和国政府によってアブデュルメジト2世カリフの地位を廃され、オスマン家の全構成員に国外退去命令が発せられたため、帰国することができなくなった。

フランスパリ政治学院に学んだ後、1939年に家族とともにアメリカ合衆国に移住し、1952年南米諸国で鉱山を経営するカナダ企業に入社した。トルコではオスマン家の国外退去処分が解除されたが、エルトゥールルはトルコ共和国の国籍を得ることを望まず、アメリカに留まり続けた。後半生はニューヨークに居住していた。彼が追放後初めてトルコに帰国したのは、1992年、トルコ政府の招きにより、特別にトルコ訪問を許された時である。その後、9.11後アメリカの出入国審査が厳しくなったために、2004年にトルコ共和国のパスポートを取得した。

1985年に南アフリカ出身の最初の妻と死別した後、1991年に約30歳年下で、トルコに亡命したアフガニスタンバーラクザイ朝の王族とトルコ人女性の間に生まれたゼイネップ・タルズィーと再婚した。

1994年、従兄でオスマン家第42代家長のメフメト・オルハンが没したため、オスマン家の存命最年長の男子となり、オスマン家の家長の座に就いた。名目上の皇帝としてはエルトゥールル2世となった。

2009年9月23日腎不全の為イスタンブール市内の病院で死去[1] 、97歳没。エルトゥールルの死去に伴い、新たにオスマン家最年長となったアブデュルメジト1世の孫シェフザーデ・イブラヒム・テブフィク・エフェンディ皇子の三男バヤズィット・オスマンが第44代家長の座についた。

系図[編集]

アブデュルハミト2世-メフメト・ブルハネッティン-エルトゥールル

脚注[編集]

  1. ^ TODAY'S ZAMAN (2009年9月24日). “Osmanoğlu, the eldest Ottoman dynasty member, passes away”. 2009年9月25日閲覧。
先代:
メフメト・オルハン
オスマン家第43代家長
1994年 - 2009年
次代:
バヤズィット