エリサ法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エリサ法とは、Employee Retirement Income Security Act(従業員退職所得保障法)の略称である。アメリカ合衆国の連邦法として、1974年に制定された。

エリサ法は、企業年金を運用する機関投資家に対して受託者責任を課すことで、機関投資家が自らのコーポレート・ガバナンスを拡充するよう、促している。