エリサヴェト・ティス・エラザス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テーリンク=イェッテンバッハ伯爵夫人エリサヴェト、1934年
エリサヴェト王女の肖像、ヴェーラ・スタンリー・オールダー画

エリサヴェト・ティス・エラザス・ケ・ザニアスギリシア語: Ελισάβετ της Ελλάδας και Δανίας, 1904年5月24日 タトイ - 1955年1月11日 ミュンヘン)は、ギリシャの王族女性。ゲオルギオス1世の孫娘の1人。ギリシャ王女及びデンマーク王女。

ギリシャ王子ニコラオスとその妻のロシア大公女エレナ・ウラジーミロヴナの間の次女として生まれた。姉オルガ、妹マリーナとともに美人三姉妹としてもてはやされた。エリサヴェトの髪の毛は非常に濃く、くしけずるのに苦労したため、家族は彼女に「羊毛/ウーリー(Woolly)」というあだ名を付けた。馬術や描画を趣味とした。

1934年1月9日、ドイツ・バイエルン州の大地主・実業家カール・テオドール・ツー・テーリンク=イェッテンバッハ伯爵と結婚した。夫はベルギー王妃エリザベートの甥だった。夫との間に1男1女をもうけた。

  • ハンス・ファイト・カスパー・ニコラウス(1935年 - ) - 1964年、ホーエンローエ=バルテンシュタイン侯女ヘンリエッテ[1]と結婚
  • ヘレーネ・マリーナ・エリーザベト(1937年 - ) - 1956年、オーストリア大公フェルディナント[2]と結婚

1955年、癌のため50歳で死去。

脚注[編集]

  1. ^ ホーエンローエ=バルテンシュタイン=ヤークストベルク侯ヨハネスドイツ語版の孫娘。
  2. ^ オーストリア皇弟マクシミリアン・オイゲン大公の長男。