エリアス・ガルシア・マルティネス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エリアス・ガルシア・マルティネス
Virgen de los Dolores.jpg
「悲しみの聖母」(Virgen de los Dolores, 1933)
生誕 1858年7月20日
スペインの旗 スペイン王国レケナ
死没 1934年8月1日
スペインの旗 スペイン共和国ウティエル英語版
国籍 スペイン
著名な実績 絵画
配偶者 ユリアナ・コンドイ・テッロ

エリアス・ガルシア・マルティネスElías García Martínez, 1858年7月20日 - 1934年8月1日)は、スペインの画家[1][2]

ガルシア・マルティネスは生まれ育ったレケナで芸術家として出発した。バレンシアの王立サン・カルロス美術アカデミー[3]に学び、バルセロナでも勉強を続けた。その後サラゴサに移り結婚している。1894年にはサラゴサの美術学校[4]で講師の仕事を始め、1929年に退職するまで装飾画と肖像画の講座を持った。彼は別の学校[5]でも教授として授業を持っていた。

この人を見よ[編集]

サラゴサ、ボルハのミゼリコルディア教会にあったエリアスの手になるフレスコ画「この人を見よ」は2012年に国際的な注目を集めた。この地で暮らす80歳の女性が善意から湿気により傷んでいた絵画の修復を申し出たのだが、彼女は風景画のアマチュアで人物画は得意ではなく、結果としてフレスコ画は「子供が指で描いたような絵」[6]になってしまったのである[7][8]

「この人を見よ」は名画とされてきたわけではないが、「感情的な価値」[6]はあった。ガルシア・マルティネスの二人の子供はボルハでは有名な芸術家であり、その家族が保護のために寄付活動を行っていたのだ[6]。ボルハの市議会議員によると、再修復ができないようであればこの絵の写真でもとあった場所をおおうことを検討しているという[6]

脚注[編集]

  1. ^ José Martínez Ortiz, Elías García Martínez (1997). El pintor Elías García Martínez:(1858-1934): hijo ilustre de Requena. Concejalía de Cultura. ISBN 19788492254804. El pintor Elías García Martínez, in Google Books.
  2. ^ Los García Condoy, in Gran Enciclopedia Aragonesa.
  3. ^ 訳注:Real Academia de Bellas Artes de San Carlos de Valencia
  4. ^ 訳注:Escuela Provincial de Bellas Artes de Zaragoza
  5. ^ 訳注:Instituto de Segunda Enseñanza de Zaragoza
  6. ^ a b c d ‘Good deed’ by rogue restoration pensioner ruins 19th-century Spanish fresco”. National Post (2012年8月22日). 2012年8月24日閲覧。
  7. ^ Restauradores profesionales tratarán de recuperar el ‘Ecce homo’, in elpais.com.
  8. ^ Spanish fresco restoration botched by amateur, in bbc.co.uk.