エミール・カルタイヤック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エミール・カルタイヤック
Pointe de flèche du néolithique – Muséum de Toulouse

エミール・カルタイヤック(Emile Cartailhac、1845年2月15日 - 1921年11月26日)はフランスの考古学者である。マルセイユで生まれた。アルタミラ洞窟壁画の研究を行い、それまで疑問視されていた旧石器時代に洞窟壁画が描かれたという説が受け入れられるのに貢献した。

法律を学んだが、考古学に惹かれ、余暇にアヴェロンドルメンの調査に加わっていた。法律家をやめ、考古学に専念すると、1867年にパリ万国博の先史時代の展示の責任者となった。1882年からトゥルーズ大学で考古学を教え、1897年にアカデミー・デ・ジュー・フロロー(en:Académie des Jeux floraux)の学芸員となった1902年にトゥルーズのSaint Raymond博物館(fr:Musée Saint-Raymond)の館長となった。

1902年に『スペイン、アルタミラの洞窟-懐疑論者の罪状告白』(La grotte d’Altamira, Espagne. Mea culpa d’un sceptique)を発表し、洞窟壁画が旧石器時代のものであることが受け入れられることとなった。