エミル・カミラロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エミル・カミラロフブルガリア語: Емил Камиларов, ラテン文字転写例: Emil Kamilarov, 1928年4月15日 - 2007年10月4日)は、フランス生まれのブルガリアヴァイオリン奏者。「ブルガリアのパガニーニ」の異名を持つ[1][2]

両親がトゥールーズに旅行中、その列車の中で生まれた。ソフィア音楽院でヴラディミール・アヴラモフに師事し、1952年のヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで第4位入賞を果たした。1955年にはレニングラード音楽院に留学し、そこで後の妻となるヴァイオリニストのディーナ・シュナイダーマンと出会った。1961年にはパガニーニ国際コンクールで優勝し、1963年からレニングラード音楽院で教鞭をとった。また、1960年代初頭からブルガリア室内管弦楽団を組織し、妻のシュナイダーマンとの共演でブルガリア国内で人気を博した。1980年代初頭にブルガリアを出国したまま戻らず、ブルガリア政府のブラック・リストに載ったことで、国内で行った録音の一切が封印されることとなった。その後はスウェーデンを本拠にして演奏活動及び教育活動を展開した。

ウプサラで没。

脚注[編集]

  1. ^ “2013年第3届保加利亚国际小提琴比赛”. globalinfo.cn. (2013年6月24日). オリジナル2014年6月28日時点によるアーカイブ。. http://www.peeep.us/4d738366 2014年6月28日閲覧。 
  2. ^ Емил Камиларов - цигулар, педагог”. 2014年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月28日閲覧。