エフェメラルポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エフェメラルポート: Ephemeral port、日本語で短命なポートという意味)とは、インターネットプロトコル (IP)を用いた通信を行うため、TCP/IPプロトコルスタックが事前に定義されている範囲内から自動的に割り当てるポートである。Transmission Control Protocol (TCP)、User Datagram Protocol (UDP)、Stream Control Transmission Protocol (SCTP)などを使ったクライアントサーバ型通信で、クライアント側アプリケーションが特定のポートを割り当て (bind)なかったり、サーバ側アプリケーションがウェルノウンポートを使わずにクライアントと接続するときに使われる。ポートは接続している間だけ一時的に割り当てられる。通信セッション終了後、ポートは再び利用可能な状態になる。

RFC 6056 では、エフェメラルポートとしてポート番号1024から65535までの範囲を使うよう提言している (3.2. Ephemeral Port Number Range)。それ以前は、IANAがポート番号49152から65535がポート番号49152から65535を"DYNAMIC AND/OR PRIVATE PORTS"(動的・私用ポート)と定めていたため、この範囲をエフェメラルポートとして使うものと認識されていた (同 2.1. Traditional Ephemeral Port Range)。

FreeBSDはバージョン4.6以降でIANAの提言する範囲を使っている。

多くのLinuxカーネルは32768から61000を使う。割り当て範囲は/proc/sys/net/ipv4/ip_local_port_rangeに書かれている。

Microsoft WindowsWindows XPWindows Server 2003まではデフォルト設定で1025から5000をエフェメラルポートとして使用していた[1]Windows VistaWindows Server 2008以降はIANAの提言する範囲を使用している[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

この記事は2008年11月1日までGFDLバージョン1.3以降の再ライセンス規約に基づいていたFree On-line Dictionary of Computingにある項目の資料が元になっている。

外部リンク[編集]