エドマンド・モーティマー (俳優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エドマンド・モーティマー
Edmund Mortimer
本名 エドマンド・モーティマー・オルスン Edmund Mortimer Olson
別名義 エドワード・モーティマー Edward Mortimer
エドウィン・モーティマー Edwin Mortimer
生年月日 (1874-08-21) 1874年8月21日
没年月日 (1944-05-21) 1944年5月21日(満69歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス市
職業 俳優映画監督脚本家
ジャンル 舞台、サイレント映画トーキー
活動期間 1900年代 - 1944年
配偶者 ルイーズ・ベイツ

エドマンド・モーティマーEdmund Mortimer, 1874年8月21日 - 1944年5月21日)は、アメリカ合衆国俳優映画監督脚本家である[1]。本名エドマンド・モーティマー・オルスンEdmund Mortimer Olson)、エドワード・モーティマーEdward Mortimer)、エドウィン・モーティマーEdwin Mortimer)ともクレジットされた[1]

人物・来歴[編集]

1874年(明治7年)8月21日ニューヨーク州ニューヨーク市に生まれる[1]

当初のキャリアは舞台俳優である。1904年(明治37年)12月から1905年(明治38年)11月にかけての約1年間、ニューヨーク西42番街のルー・M・フィールズ劇場で It Happened in Nordland の舞台に立った記録がある[2]。1913年(大正2年)まで舞台で活躍している[2]

満40歳を迎える1914年(大正3年)、ハーバート・ブレノン監督の短篇映画 Watch Dog of the Deep に「エドワード・モーティマー」の名で出演したのが、もっとも古い映画への出演記録で、以降、映画俳優に転向、インディペンデント・ムーヴィング・ピクチャーズの作品に出演する[1]。1915年(大正4年)に同社を離れ、1916年(大正5年)、クララ・キンボール・ヤングが主宰するプロダクションで彼女の主演作『日蔭の女』に出演した後、1918年(大正7年)にクララが主演する同社のサイレント映画 The Savage Woman で監督としてデビュー、以降、監督業に専念する[1]。同年、ユニヴァーサル・フィルム・マニュファクチュアリング・カンパニー(現在のユニバーサル・ピクチャーズ)傘下のブルーバード映画で、カーメル・マイヤースを主演に『社交界の花形』を監督[1]、同作は日本でも公開された[3]。1928年(昭和3年)、マーガレット・リヴィングストン主演のサイレント映画『男性の敵』を監督したのを最後に、監督業を廃業する[1]

1930年(昭和5年)以降、トーキーにノンクレジットで出演する脇役俳優となり、最晩年まで映画出演を続け、サム・ウッドが監督した『サラトガ本線』にノンクレジットで出演したのが最後となった[1]

1944年(昭和19年)5月21日カリフォルニア州ロサンゼルス市で死去した[1]。満69歳没。遺作となった『サラトガ本線』は没後の1945年(昭和20年)11月21日に公開された[4]

フィルモグラフィ[編集]

特筆を除きすべて出演作である[1]。1930年代以降のトーキーの時代に300作近い作品に、ノンクレジットで脇役・端役として出演している[1]が、割愛した。

1910年代[編集]

1920年代[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Edmund Mortimer, Internet Movie Database (英語), 2010年6月15日閲覧。
  2. ^ a b Edmund Mortimer, Internet Broadway Database (英語), 2010年6月15日閲覧。
  3. ^ 『ブルーバード映画の記録』 : 製作・著・発行山中十志雄・塚田嘉信、1984年4月、p.60-63.
  4. ^ Saratoga Trunk - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年6月15日閲覧。
  5. ^ 哨兵』とは原題の同名異作。The Coward - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年6月15日閲覧。

外部リンク[編集]