エスタディオ・シウダ・デ・バレンシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エスタディオ・シウダ・デ・バレンシア
Estadio Ciudad de Valencia
Levante2-0Lega2018.jpg
施設情報
位置 座標: 北緯39度29分41秒 西経0度21分51秒 / 北緯39.49472度 西経0.36417度 / 39.49472; -0.36417
開場 1969年
所有者 レバンテUD
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 107×70 metres
使用チーム、大会
レバンテUD (1969-)
収容人員
25,534人

エスタディオ・シウダ・デ・バレンシアEstadio Ciudad de Valencia、公式名はバレンシア語のEstadi Ciutat de València)は、スペインバレンシアにあるサッカースタジアム。レバンテUDのホームスタジアム。収容人数は25,534人。

歴史[編集]

このスタジアムは、果樹園だった4万平方メートルの敷地をクラブが買収して建設された。1969年9月9日、アントニオ・ロマン会長の下で行われたレバンテUDバレンシアCFの試合がこけら落としとなり、以前まではジムナスティック・デ・バレンシアというクラブのホームスタジアムを借りていた。竣工時から2年間はエスタディオ・アントニオ・ロマンと呼ばれていたが、その後エスタディオ・ヌエボ・エスタディオ、そして1999年から現在の名称であるエスタディオ・シウダ・デ・バレンシアという名前が使われるようになった。また、立ち見席を廃止するヨーロッパの動きに合わせるためやLFPからの要請に応じ、1997年にはスタジアム内にあった立ち見席を撤去し、全席座席型にした。

外部リンク[編集]