エスタカ・デ・バレス岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岬の全景

エスタカ・デ・バレス岬スペイン語: Punta de Estaca de Bares)は、スペインガリシア州ア・コルーニャ県マニョンにあるビスケー湾北大西洋の境界に面している。北緯43度47分38秒にあり、スペインの最北端地点である。

概要[編集]

エスタカ・デ・バレス岬灯台

エスタカ・デ・バレス岬は北大西洋ビスケー湾(大西洋の一部)を隔てている。年降水量は2500mmを超え、ヨーロッパ有数の降水量を持つ地点である。この気候条件によって固有の生態系と生物多様性がはぐくまれ、スペイン政府によって自然保護区に指定されている。

フェニキア人の時代の港や塩漬け魚工場の廃墟があり、現在は観光客に公開されている。1850年に建設されたエスタカ・デ・バレス灯台英語版フェロル港の管轄で現在でも稼働している。かつてスペイン海軍が使用していた信号所の建物があり、現在はホテル兼レストランに改装されている。

第二次世界大戦ではドイツの潜水艦がエスタカ・デ・バレス岬の沖合に沈没した。生き残ったひとりのドイツ人将校は、潜水艦の沈没記念日に毎年この岬を訪れている。彼の死後には遺灰が岬から海に撒かれた。

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度47分23.76秒 西経7度41分17.2秒 / 北緯43.7899333度 西経7.688111度 / 43.7899333; -7.688111