エクスカバータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エクスカバータ
Giardia lamblia.jpg
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
: エクスカバータ Excavata
学名
Excavata Cavalier-Smith, 2002, emend. Simpson, 2003[1]
First rank

エクスカバータ (Excavata) は、真核生物の主要な分類群の1つである。

特徴[編集]

系統分類上のエクスカバータには自由生活性や共生性の、ミトコンドリアを持っているかいないか(つまり、無ミトコンドリア生物か盤状クリステ生物か)というほど幅広い微生物が含まれている。

エクスカベート類 (excavates) は通常、2、4、ないしそれ以上の鞭毛を持ち、細胞口前方が微小管で裏打ちされているという独特の微細構造で特徴づけられる。しかしこれらの特徴を2次的に喪失した様々なグループも遺伝学的証拠からエクスカベート類に含めることがある。

系統[編集]

エクスカバータの系統関係はまだ流動的で、単系統ではない可能性がある。 国際原生生物学会 (ISOP) の 2012年の分類体系では分類群として採用されたが[1]、 2019年版では採用されなかった[2]

エクスカベート類は、しばしば最も原始的な真核生物だと考えられ、他の真核生物に対して側系統的とされることもある。しかしこうした位置付けは、他の無ミトコンドリア生物について見られるのと同様のロングブランチアトラクションによるアーティファクトの可能性があるし、エクスカベート類が後生的な位置に現れる系統解析もある。

分類[編集]

Adl et al. (2012)[1]より。

出典[編集]

  1. ^ a b c Adl, Sina M.; et al. (2012), “The Revised Classification of Eukaryotes”, J. Eukaryot. Microbiol. 59 (5): 429–493, http://www.paru.cas.cz/docs/documents/93-Adl-JEM-2012.pdf 
  2. ^ 矢﨑, 裕規; 島野, 智之 (2020) (日本語), 真核生物の高次分類体系の改訂―Adl et al. (2019)について―, 日本動物分類学会, doi:10.19004/taxa.48.0_71, https://doi.org/10.19004/taxa.48.0_71 

参考文献[編集]

  • Cavalier-Smith, T. (2002). “The phagotrophic origin of eukaryotes and phylogenetic classification of Protozoa”. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 52: 297-354. 
  • Alastair G. B. Simpson (2003). “Cytoskeletal organization, phylogenetic affinities and systematics in the contentious taxon Excavata”. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 53: 1759-1777.