エアリアル (サーカス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エアリアル・シルク

エアリアル(Aerial)とは、サーカス大道芸で行われる空中演技の演目で、使われる道具によって呼称が変わる。 たとえば、エアリアル・フープ(Aeriel Hop)はその名の通り吊り下げた輪を用いる。 また、吊り下げた布を用いるエアリアル・シルクAerial Silk)はティシュー(tissu)、リボン(ribbon)などの別名を持ち、派生形としてエアリアル・バレエ・イン・シルクがある。

このほかにも、空中ブランコはエアリアル・トラピス(Aerial Trapeze)と呼ばれる。

エアリアル・パフォーマー[編集]

  • Michiru (日本)
  • イザベラ・バセンドフスカ (Izabela Basendowska) (ポーランド)
  • GちょこMarble (日本)
  • doNcHY(日本)

関連[編集]

ギャラリー[編集]