ウーゴ・デローザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウーゴ・デローザ(Ugo De Rosa、1934年1月27日 - )は、イタリア自転車メーカーであるデローザの創業者である。12歳のときから自転車フレーム製作の修業を始め、1953年、18歳のときに独立してデローザを興した。

1958年からは、フレームビルダーと並行して、プロチームのメカニックとしても活動した。フレームビルダーとして、あるいはウーゴ自身としての絶頂期は、1974年からフレームを供給したエディ・メルクスの活躍と重なる。ウーゴはメルクスからのシビアな要求に応え、年間50本ものフレームを供給した。

同じイタリアのロードバイクブランドであるコルナゴピナレロの創業者が現役を退いている中、ウーゴは今もデローザのトップに君臨している。