ウーゴ・グンケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はグンケル第二姓(母方の)はルーアーです。
Gunckel crop.JPG
グンケル のサイン

ウーゴ・グンケル・ルーアー(Hugo Gunckel Lüer, 1901年8月10日 バルディビア - 1997年7月17日 サンティアゴ)は、チリ薬剤師植物学者およびサンティアゴ・デ・チレ大学教授。

略歴[編集]

バルディビアに生まれた。1921年からコンセプシオン大学で薬学を学び、学位を得た。タルカや、鉄道会社で薬剤師として働いた。コラルで薬局を開いた時代に多くの植物標本を集め、1940年にアラウカーノ博物館(Museo Araucano、現在のMuseo Regional de la Araucanía)の館長になった。

1943年にチリ薬剤師会(Consejo Regional en Temuco del Colegio de Farmacéuticos de Chile)の初代会長となった。1946年に林業学校(Escuela de Ingenieros Forestales)の校長となった。植物学の研究を続け、新聞や科学雑誌に多くの記事を執筆した。

チリ科学アカデミー(Academia de Ciencias Naturales)の創立メンバーで、後に12年間会長を務め、20年間にわたって、紀要の編集、執筆を続けた。ニーマイヤー(Hans Niemeyer)と"Revista Universitaria-Universidad Católica"、"Anales de la Academia de Ciencias Naturales."を編集した。

1950年にサンティアゴに移り、大学の薬学部で植物学を教えた。 教育大学、Instituto Pedagógico de la Universidad de Chile(現在のUMCE、Universidad Metropolitana de Ciencias de la Educación)でも1968年まで教えた。


関連項目[編集]

Gunckelは、植物の学名命名者を示す場合にウーゴ・グンケルを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)