ウル・ドゥ・クガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウル・ドゥ・クガ
Ur-du-kuga
イシン
在位 紀元前1767年 - 紀元前1764年

王朝 イシン第1王朝
テンプレートを表示

ウル・ドゥ・クガdur-du6-kù-gaUr-du-kuga)は、古代メソポタミアの都市国家・イシン第1王朝の王。

在位期間は低年代説英語版によると紀元前1767年から紀元前1764年、中年代説によると紀元前1830年から紀元前1828年。シュメール王名表によると4年間[i 1]、ウル・イシンの王名表によると3年間統治した[i 2][1]。ウル・ドゥ・クガは親族が不明で、イシン市とその隣のニップル以上の小さな地域に勢力を拡大していた小国の3番目の君主であった。おそらく、ラルサのワラド・シンバビロンアピル・シンと同時代の人物であると思われる。

略歴[編集]

ウル・ドゥ・クガは王朝の創始者であるイシュビ・エッラによってもたらされた可能性のあるユーフラテス中流域の神ダゴンを、神の神殿であるEtuškigaraの建設を記念した円錐の中に[i 3]、年名でも祝われている出来事である「よく建てられた住居」を創造したと信じている。碑文には「ニップルのために全てを運ぶ羊飼いであり、アンエンリルの神々の最高の農夫であり、エキュール英語版の供給者でもある」と記されている。これは、エンリルのためのEkur、ニヌルタのためのEsumesa、ニヌルタの妻であるニンティヌガー英語版のためのEgalmahなど、ニップルの聖域を大切にしていることを宣言している[2]

イシンの煉瓦の一片には[i 4]、ウル・ドゥ・クガの王位が記されているが、それが示した出来事は保存されていない。円錐形のシャフトは[i 5]、Iturungal運河沿いのニップルの北東にあるDul-edenaの文化都市ルラル英語版の寺院の建設を記念している[3]。Iturungal・Ninisin運河の掘削は別の年に祝われた。

脚注[編集]

  1. ^ Sumerian King List, Ashm. 1923.344 the Blund-Wendell prism.
  2. ^ Ur-Isin kinglist, tablet MS 1686 line 18.
  3. ^ Cones LB 990, NBC 6110, 6111, 6112.
  4. ^ Brick IB 1337.
  5. ^ Cone IM 95461, found in Isin.

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ Jöran Friberg (2007). A Remarkable Collection of Babylonian Mathematical Texts: Manuscripts in the Schøyen Collection: Cuneiform Texts. Springer. pp. 231–234 
  2. ^ Frans van Koppen (2006). Mark William Chavalas. ed. The ancient Near East: historical sources in translation. Wiley-Blackwell. pp. 90–91 
  3. ^ Douglas Frayne (1990). Old Babylonian Period (2003-1595 B.C.): Early Periods, Volume 4. University of Toronto Press. pp. 94–96