ウルリッヒ・ドレッパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ウルリッヒ・ドレッパー (2007)

ウルリッヒ・ドレッパー (Ulrich Drepper) は、「GNU C 標準ライブラリ」プロジェクト glibc の中心人物であったソフトウェア技術者[1][2]

ドレッパーはカールスルーエ大学にて情報科学の学位を取得している[3]1996年からCygnus Solutionsに勤務し[3]1999年から2010年9月まではRed Hat Linuxディストリビューションのコントリビュータとして貢献した。2010年10月ゴールドマン・サックスに入社[4]。その傍ら、x86openプロジェクトのメンバ[5]、システムプログラミングについての専門書の著者[6][7]としても活躍している。

著書[編集]

出典[編集]

  1. ^ GNU C Library - People” (英語). GNU.org (2011年6月9日). 2012年1月16日閲覧。 “Ulrich Drepper is currently the foremost contributor and has overall responsibility for maintenance and development.
  2. ^ GNU C Library development and maintainers” (英語) (2012年3月26日). 2012年6月7日閲覧。 “The following people have agreed to be responsible for glibc to the GNU Project: Ryan Arnold, Maxim Kuvyrkov, Joseph Myers, Carlos O'Donell, Alexandre Oliva.
  3. ^ a b http://www.velox-project.eu/people/dipl-inf-ulrich-drepper
  4. ^ http://www.linkedin.com/in/ulrichdrepper
  5. ^ 86Open Frequently-Asked Questions”. 2006年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月10日閲覧。
  6. ^ Ulrich Drepper (2007), What Every Programmer Should Know About Memory, Linux Weekly News, http://people.redhat.com/drepper/cpumemory.pdf 
  7. ^ Ulrich Drepper (2008), “Parallel Programming with Transactional Memory”, ACM Queue 

外部リンク[編集]