ウジェーヌ・ジラルデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウジェーヌ・ジラルデ
Eugène Girardet
Girardet Eugène Mariani t IX portrait.jpg
作者不詳の肖像画
生誕1853年5月31日
フランス,パリ
死没1907年5月5日
フランス,パリ
運動・動向オリエンタリズム

ウジェーヌ・ジラルデ(Eugène Girardet、1853年5月31日 [1] · [2]- 1907年5月5日[3])はフランスの画家である。「オリエンタリズム」絵画を描いた。

略歴[編集]

パリで生まれた。父親は版画家のポール・ジラルデ(Paul Girardet:1821-1893)で、兄弟に「オリエンタリズム」の画家になった双子の弟、ジュール・ジラルデ (1856-1938)とレオン・ジラルデ(1856-1895)がいる。

パリの国立高等美術学校で学び、ジャン=レオン・ジェロームに学んだ。ジェロームに勧められて、1874年に初めて北アフリカを訪れ、絵を描いた。モロッコチュニジアスペインを旅した。

1879年から8回ほどアルジェリアを訪れ、主にビスクラ、ブー・サアーダ、エル・カンタラに滞在した。イスラム教に改宗することになる画家のナスレディーヌ・ディネとも知り合った。1898年にはエジプトやパレスチナも訪れた。アラブの人々の生活や砂漠を描いた。

サロン・ド・パリや1893年に創設されたフランス・オリエンタリスト画家協会(Société des Peintres Orientalistes Français)の展覧会に出展した。1900年のパリ万国博覧や1906年にマルセイユ開かれた植民地博覧会(Exposition coloniale)にも出展した。1907年にパリで没した。

作品[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • René Burnand, L'Étonnante Histoire des Girardet : artistes suisses, La Baconnière, Neuchâtel, 1940, 299 p.
  • Lynne Thornton, Les Orientalistes, Peintres voyageurs 1828-1908, ACR édition, Courbevoie (Paris), 1983, p. 108-109