ウィリアム・フォーセル・カービー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィリアム・フォーセル・カービー

ウィリアム・フォーセル・カービー(William Forsell Kirby、1844年1月14日 - 1912年11月20日[1]イギリスの昆虫学者である。ロンドン自然史博物館で働いた。昆虫学の著作の他に少年向けの博物学の著書を執筆した。フィンランドの民族叙事詩、カレワラなど北欧神話の翻訳も行った。

略歴[編集]

ロンドンの銀行家の家で生まれた。家庭教師から教育を受けた。子供時代から蝶などに興味を持ち、18歳で、Manual of European Butterfliesという著作を出版した。1867年に王立ダブリン協会の博物館の学芸員となり、『昼行性鱗翅目のシノニム目録』(Synonymic Catalogue of Diurnal Lepidoptera :1871; 補遺版 1877)を出版した。.

1879年に、昆虫学者、フレドリック・スミス(Frederick Smith)が没したので、ロンドン自然史博物館の学芸員の仕事を継いで、1909年までその仕事を続けた。この間、Rhopalocera Exotica (1887–1897) や Elementary Text-book of Entomologyなどを執筆した。

自然科学の著作の他に、北欧やオリエントの神話、民話に興味を持ち、フィンランドの民族叙事詩、カレワラなどを英訳し、同時代や後代の作家に影響を与えた。

著書の図版[編集]

  •  "Natural history of the animal kingdom for the use of young people"の図版
  • "Kirby - A Handbook to the Order Lepidoptera"の図版

著作[編集]

  • Manual of European Butterflies, 1862
  • Ed-Dimiryaht, an Oriental Romance, and other Poems, 1867
  • Synonymic Catalogue of Diurnal Lepidoptera, 1871
  • European Butterflies and Moths (auf Grundlage von Karl Friedrich Wilhelm Berges Schmetterlingsbuch), 1878–1882
  • Four Gospels explained by their Writers (Übersetzung aus dem Französischen, von J. B. Roustaing), 1881
  • List of Hymenoptera: Tenthredinidae and Siricidae in the Collection of the British Museum, 1882
  • New Arabian Nights, 1882
  • Evolution and Natural Theology, 1883
  • The Hero of Esthonia (aus estnischen und deutschen Quellen), 1895
  • Bibliographical Notes on the 1001 Nights, 1885–1888
  • Textbook of Entomology, 1885
  • Synonymic Catalogue of Odonata or Dragonflies, 1890
  • Synonymic Catalogue of Heterocera (Moths): Sphinges and Bombyces, 1892
  • Handbook of Lepidoptera, 1894–1897
  • Familiar Butterflies and Moths, 1901
  • Marvels of Ant Life, 1898
  • Synonymic Catalogue of Orthoptera, 1904–1910
  • British Flowering Plants, 1906
  • Übersetzung des Kalevala, 1907
  • Mammals of the World, 1907

参考文献[編集]

  • The Natural History Museum at South Kensington by William T. Stearn 0-434-73600-7
  1. ^ Who's Who 1914, p. xxii